【バイク廃棄の手順!】バイクを処分する時の手続きとおすすめの方法まとめ

これまで大活躍してきた愛車だが、生活スタイルが変わってしまい乗る時間がとれない……
そこで

  • 原付バイクを処分したいんだけど、1番楽な方法って何?
  • 動くには動くが状態が悪い……かなりボロいので査定なんて無理だから廃棄しようかな

このように考えて、愛車の廃棄の手順や、処分方法をネットで調べていませんでしたか?

 

当ページでは、そんな愛車との別れを決めてアナタにむけ、考えられる全ての廃棄・処分方法を提案し、タイプ別におすすめの処分方法をご紹介。

 

闇雲に廃品回収業者なんかに依頼すれば、足元をみられてこちらの出費になることもあります。

ただ多少の手間を惜しまず当ページの方法を実践してもらえば、少なくとも数万円で買い取ってもらえることもあります。

詳しく解説していますので早速みていきましょう!

【最新版】今月の高額買取店
高額査定への近道は「排気量に合わせた店舗選び」。おすすめ買取店舗をランキング形式で紹介中!

バイク廃棄の費用は? 【要注意】処分方法によって変わります!

ワケあって愛車を廃棄したい!処分したい!

バイクの廃棄とか処分って幾らくらい費用かかるの?

こんな風に考えていましたね?

さっそく処分費用についてお伝えしますが、まず最初に大切な部分として、バイクの廃棄・処分方法の種類を知っておきましょう。一般的なオーナーさんが普通に乗られてきたバイクを処分する場合……

  1. トラックで街をまわる廃品回収業者に引き取ってもらう
  2. ネットから申し込むバイク廃車引取業者を呼ぶ
  3. 近隣のバイク店・街道沿いのレッドバロンなどに持ち込む
  4. ヤフオク・メルカリに出品する
  5. バイク買取専門店の無料出張査定をよぶ

ざっくりですが、こんな処分方法が考えられます。もちろんお好きな方法を選んでもらって構いません。

ただ大切なポイントとして、同じ車両にもかかわらず、廃車手数料や引取処分費用を請求されるケースもあれば、逆に車両を評価してもらい、幾らかの査定額がもらえるケースもある。

つまり『廃棄・処分の費用は処分方法によって大きく変わってくる』ということを覚えておきましょう。

以下に処分方法ごとの特長やおすすめのオーナーさんを提案していますので、順にみていきましょう!

とにかく楽にバイクを廃棄・処分したいなら

上記の処分方法の中でも、ヤフオクやメルカリ以外。

廃品回収業者・廃車引取業者・販売店・買取専門店であれば、基本、廃車手続きは代行してもらえ、さらにトラックで引取にきてもらえます。

用意されたいくつかの書類に署名するだけで手続きは完了。即日引き取ってもらえるのでとにかく楽ちんです。

 

手っ取り早く愛車を処分したい!

こんな考えのオーナーさんだったら上記の方法がいおすすめといえるでしょう。

 

 

とはいえ、事故車や不動車の場合、販売店に持ち込むのは現実的に厳しいですし、仮に持ち込んだ場合も、状態によっては無料どころか高額な処分費用を請求されることもあります。

最悪はせっかく運んだものの、費用が払えずに持ち帰ることも想定されます。

 

廃品回収業者や廃車引取業者の場合も同じような感じで、

バイクの回収は基本無料で行いますが、重大な欠品や大きな損傷のある車両は解体手数料をいただきます。

参考バイク処分センター

このように、基本的に無料といいつつも、状態によってはその場で幾らかの費用が発生する可能性もあるため、ちょっぴり微妙といえそうです。

1円でも高くバイクを処分したいなら

状態の悪いバイクを廃棄・処分したいけど、せっかくなら幾らかの金額で売却したい!

そう考えるオーナーさんにおすすめの処分方法となると

  1. ヤフオク・メルカリ出品で処分する
  2. 買取専門店の無料出張査定をよぶ

このあたりがおすすめです。

とくに廃棄・処分するバイクの種類や状態によっては、ヤフオクとの相性によっては予想以上の高額落札というパターンもあります。

廃品回収業者や廃車専門の業者では絶対に0円……という車両でもヤフオクやメルカリなら数万円の値がつくことも普通です。以下を参考に処分方法の1つとして考えてみましょう。

ヤフオク・メルカリ出品で処分するメリット・デメリット

出品には多少の手間や登録費用、落札時のシステム手数料などがかかるものの、状態の悪いバイク(原付等)でも幾らかの金額で売却できるため、トータル的には確実にプラスになるはずです。

じっさい、希少性の高い車両や特殊な車両であれば、中古バイク販売店にくらべて遥かに高額な金額で売却できます。まずは愛車の落札相場をチェックし、手間や費用と落札価格が見合うなら出品もひとつの選択肢としておすすめです。

【ヤフオクでバイク売却!】出品方法やコツ、出品前に知っておきたいポイント
当ページでは中古バイクをヤフオク、ネットオークションに出品する手順や作業、その流れと査定額について。他の売却先とくらべておすすめの売却先かどうかを分析しています

ヤフオクの手続きまではちょっと……という方なら、ここ1~2年で盛り上がりをみせているメルカリに出品するという選択肢もあります。

【メルカリでバイクを売る】売却手順や手数料、メルカリとヤフオクどっちがいい?
...

いずれにせよメリットだけでなくデメリットもあります。

 

結局はネット上の個人売買、相手の顔をみて取引するわけじゃなく、売却する側が購入者を選ぶことができません。

とくにバイク売却は引き渡し後の手続きや、故障・不具合といったトラブルのリスクもあるため、利用する場合はそのあたりも加味して対価に見合うか検討しましょう。

バイクを廃棄するおすすめの時期は?

バイクの処分方法によって費用がプラスにもマイナスにもなる。この部分は説明しました。

ではバイクを処分する時期によって費用は変わるのでしょうか?

この部分を説明しておきます。

 

結論からいって、バイクを売却する時期・タイミングによって微妙に査定額がかわることもありますが、状態の悪いバイクを処分するレベルでは、基本的に費用がかわることはないでしょう。

ただ忘れてはいけないポイントとして

自動車税のかからないタイミングで廃棄・処分しておく

ここは忘れずに覚えておきましょう。

3月に入ったら早めに処分・廃棄の手続きを始める!

バイクの自動車税は、その年の4月1日時点で登録されているバイクにかかる税金で、毎年5月頃請求の手紙が届きます。

つまり処分するなら、確実に3月31日までに廃車手続きを完了することが必須となり、できれば余裕をもって3月の前半までには処分の段取りを行っておくといいです。

注意したいのが、バイクを専門に扱っていない廃品回収業者。稀に引取処分費用まで請求したにもかかわらず、廃車手続きを期間内に行っていなかった……という怪しい廃品回収業者のトラブルも聞きます。

そういったトラブルを防ぐ意味でも確実に廃車手続きを代行してくれる大手の販売店、買取専門店を利用するか、引き渡し前に自分で役所や管轄の陸運局に出向き自分で廃車手続きを行っておきましょう。

バイクを処分するときの廃車手続きとできる場所

先ほど話がでたので、バイクを自分で廃車する場合の手続きに必要な書類と、手続きを行う場所を紹介します。わかりやすく一覧にしたのでご覧ください。

手続きのできる場所

手続きのできる場所は、原付・原付二種と、それ以上のバイクによって異なり、とくに役所で行う原付の廃車手続きは非常に簡単です。

排気量廃車手続きを行う場所
原付・原付二種(125cc以下)市区町村の役場
小型二輪・自動二輪(126cc以上~)ナンバープレートを管轄する所定の陸運局

もし自動車税の期日が不安だったり、ヤフオク・メルカリ等の個人売買を少しでも検討されている方は、とりあえず廃車手続きを行ってしまう方がよいかもしれません。

廃車に必要な書類

排気量手続きに必要な書類
原付一種・原付二種(125cc以下)標識交付証明書 または 廃車申告受付書

印鑑(シャチハタ以外の三文判・認印も可)

ナンバープレート(盗難や紛失などで手元にない場合は、事前に最寄りの警察署にて盗難届、もしくは紛失届を提出して受理番号を取得しておく)

軽二輪自動車(250cc以下)軽自動車届出済証 または 軽自動車届出返納済証明書
印鑑(シャチハタ以外の三文判・認印も可)
ナンバープレート(盗難や紛失などで手元にない場合は、事前に最寄りの警察署にて盗難届、もしくは紛失届を提出して受理番号を取得後、「※由書」を作成)
自動二輪(250cc超)自動車検査証 または 自動車検査証返納証明書
印鑑(シャチハタ以外の三文判・認印も可)
ナンバープレート(盗難や紛失などで手元にない場合は、事前に最寄りの警察署にて盗難届、もしくは紛失届を提出して受理番号を取得後、「※理由書」を作成)

※理由書提出の事由・届出警察署名・届出年月日および受理番号が記載されていること

こちらもヤフオク・メルカリ等で売却する場合、トラブルに巻き込まれないように廃車してから出品する人は参考にしてみてください。

【まとめ】バイクを廃棄・処分でもっともおすすめの方法は?

以上、バイクを処分するときの費用の違い、楽に処分する方法、1円でも高く処分する方法など解説してみました。

多少の出費は仕方ない
とにかく楽に処分したい
廃品回収業者・廃車引取り業者、販売店、買取専門店の中から車両にあった店舗を選ぶ
少しでも高く処分したいヤフオク・メルカリなどの個人売買、それも面倒だったらバイク王みたいな買取専門店の無料査定

この流れが無駄がなく、効率よく愛車を処分できるかと思います。

じっさい原付と原付二種、250cc と排気量によっても、処分費用の請求される金額もちがえば、廃車代行の手数料も変わってきたりします。

また無料だからと甘い言葉で引き取る素振りをみせながら、最後の最後に意味不明な処分費用を迫ってくる怪しい廃品回収業者も沢山います。

 

いずれにせよ車両の価値を判断してもらうなら、査定額にシビアな買取専門店の出張査定スタッフに一度みてもらうのがいいです。

プロの査定スタッフに無料で査定してもらい、愛車の価値が本当にゼロなのかを確認した上で、他の処分方法を検討した方が無駄がありませんよ。

当サイトでは他の個別ページであらゆるバイクの売却方法を紹介しています。ぜひ当サイトを参考に愛車を効率よく処分してみてください!

【2019年版】250cc~大型限定 査定額の高い店舗ランキング

それではお待ちかね。 250cc~大型バイクの中古相場や業者オークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに、査定が高くなりやすいオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
 原付は安いが250cc以上なら期待・大!
バイク買取シェア80%を超える買取実績のバイク王。編集部の経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 反面、利益率の低い原付やスクーターは安めに査定される傾向もあるので要注意です。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大だブー!

▶▶バイク王の特設ページ

2位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったブー!

▶▶バイクワン公式サイト

3位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗だブー!

▶▶バイクランド公式サイト

4位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をみるんだブー!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・スクーター・原付二種に強い店舗ランキング

原付・原付二種オーナーの皆さま、大変お待たせしました。原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介いたします!

1位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!原付・原付二種~250ccはバイクワンの査定額ヤバいんだブー!

▶▶バイクワン公式サイト

2位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なんだブー!

▶▶バイクランド公式サイト

3位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいから当たりの査定員さんなら高額だブー

▶▶バイクボーイの詳細

3位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは...!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても有効だブー!

▶▶バイク王の特設ページ


※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

売却先選びのコツ
バイクを売るなら高く!! 店舗選びと査定の罠
タイトルとURLをコピーしました