【バイク売るなら買った店がいい!?】購入店舗に持込む前に知るべきバイク買取の常識

『少しでも愛車を高く買取ってもらうには、バイク王やレッドバロンなんかより、やっぱり購入した店舗じゃないの!?』

もしかすると当ページにたどり着いたアナタは、こう考えて愛車を購入した店舗に持ち込んでみようかと検討していませんでしたか?

たしかに愛車の素性やメンテナンス状態を自分以外でもっとも熟知している人間…それは他でもない購入した店舗のスタッフ。そういった意味では安心して査定してもらえます。

ただ当サイト管理人のリアルな意見とお伝えすると、

『バイクの状態を熟知していること』と『愛車を高く査定してもらうこと』はまったくの別問題!

購入した店舗に持ち込んだ方が高くなるケースもあるものの、割合からいえば複数の買取専門店の査定額を比較して売却した方が圧倒的に高いことが多かったです。

今回、そんな『購入した店舗に持ち込んでみようかな…』と安易に考えているユーザーさんにむけ、なぜ購入店舗の査定額が高くなりにくいかを解説していきます。

もしお急ぎで愛車の無料査定を依頼したい方は、以下の店舗でも念のため申し込んでおくことをおすすめします。

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

バイクを買った店が高く査定できるか…店舗の営業形態による!

『これから愛車を購入店舗に持ち込んで高く買取ってもらおう!』

こうお考えの人をさらに迷わせるかもしれませんが、車種やジャンル、お店との関係性などにより査定額は変わります。

よって購入店舗に持ち込んだ方が高いとか安いとか無責任に言い切ることはできません。

ただ一つ言えることは『購入した店舗がどういった営業形態なのか?』この部分によって大きく左右されます。

バイク購入先としては主に

  • レッドバロン、SOX等の全国展開の大型中古バイク販売店
  • 最近、増えてきたバイク王など買取店舗が運営するダイレクトショップ
  • ホンダ、ヤマハ、ハーレー等のディーラー
  • アメリカン専門店、オフ車専門店などの特化型の店舗
  • 地元の○○モータース、××バイク店のような小さなバイクショップ

などがあります。アナタの愛車を購入した店舗が新車メインに販売する店舗の場合と、買取店舗の直営販売店という場合では中古バイク買取の意欲も違えば査定額も違ってきます。

またアメリカン車両専門店で派手にカスタムされた車両の場合、買取店舗やディーラーで査定を受けるよりアメリカン車両に強い専門店に持ち込んだ方がはるかに評価され査定額も上がります。

いずれにせよ、地元の小さなバイクショップの場合、スタッフの人間性に魅力があるかもしれませんが、在庫の台数や販売経路の少なさの関係もあり査定額は高くなりにくいです。

買取金額にあまり差がでない50ccスクーターや原付二種なら大差ないものの、250ccを超える車両を売却する場合は素直に大型店舗や買取の専門店に依頼しておいた方が間違いないでしょう。

バイク購入店舗に持ち込んだ方が高くなる場合

では上記を踏まえた上で、バイクを買った店(購入した店舗)に持ち込んだ方が高く査定してもらえるパターンを考えてみると、以下の二つ。

  1. 次のバイクも同じ店舗で購入する場合
  2. 購入した店舗がジャンル特化型の店舗で車両もノーマル状態ではない

この場合、経験上、大手のレッドバロンや地元のショップ、バイク王などの買取店舗より購入した店舗に持ち込んだ方が微妙に高いでしょう。

販売で利益が見込めるので買取は赤字覚悟!

下取りの場合、新車購入というショップにとっての大きな収益をもたらします。次の車両をウチで購入してもらえるなら、下取り車両は利益ゼロでも赤字にはなりません。

他の店舗で提示された査定額と同等、または微妙に上乗せしてもらえるパターンが多いです。

カスタム状態によっては特化型の店舗が最高値に!

大手買取店舗の公式ページには『カスタム車両もバッチリ高額査定!』こんなうたい文句があるかもしれませんが、一部の人気パーツや外国製の高級パーツをのぞき、やっぱりノーマル状態の方が確実に高く査定するもの。

結果、ジャンル特化型の専門店で買った車両は客層もジャンル特化しているため、カスタム車両をそのまま店頭にならべて売却できるため強気で査定できます。

それ以外なら購入した店舗に持ち込むメリットなし!

裏を返せば、上記のパターン以外によるバイク売却であったら、愛車を購入した店舗に持ち込むメリットはほぼありません。

よほどオーナーやスタッフと親密な関係で、愛車を勝手に売り払ったことで店舗との関係が微妙になる場合をのぞき、複数の買取店舗や販売店で査定を繰り返して比較した方が高くなるでしょう。

購入店舗でバイクを売るとなぜ査定額が上がりづらいのか?

では上記の下取り・ジャンル特化型の店舗で購入した一部の車両をのぞき、なぜ愛車を買った店は査定額が高くならないのでしょうか?

今度はこの部分について考えてみましょう。

バイク買取において査定額を左右しているのは

  1. 店舗の規模(全国か一部の限定地域か)
  2. 買取後の車両の売却先

主にこの二つの要因だといわれています。

以下の表をご覧ください。

もしアナタが愛車を購入した店舗が、大手の全国展開の中古バイク販売店やメーカーのディーラーでもない場合、左から二列目に当てはまることになります。

売却する側からすると、慣れ親しんだスタッフなので安心感はあるでしょう。ただ買取後の売却先は店頭販売メイン…よくて業者オークションに出品という程度です。

残念ながら店舗の面積も限られている上に、同じタイプの車両が売れ残って在庫していれば無理に買い取りたくないケースもあります。

つまり店舗の欲しがっている車両だと高く、それ以外なら思うような高額査定は期待できません。

バイクを買った店より高く査定してもらう鉄板の方法とは?

そこで注目なのが、比較表だと左から3列目にある『全国展開の買取店舗』。いわゆるバイク王やバイクランド、バイクワン等の買取を専門にしている会社がこれに属します。

売却するユーザーさんにとって売却後の車両の流れはピンとこないかもしれませんが、買取店舗は基本、買取だけ行うため買取後の売却先・再販ルートがショップとは別次元です。

主に業者オークションで売却しますが、車両の状態を見極め、

  • 自社で運営するダイレクトショップの店頭販売
  • 海外に輸出
  • 価値のあるカスタムパーツは交換してパーツ販売
  • 部品どりとして自社で保有して他の車両に流用

などなどあらゆるジャンル、事故車、不動車、故障車に関係なく、また人気・不人気車両問わず適正価格で査定してもらえます。

複数査定で検討すべき売却先選びの基準を解説

そこで、『バイク王やバイクランド等の買取店舗だったら、大手のレッドバロンなどの中古バイク販売店も同じように高く査定するのでは?』

こう考える人もいるでしょう。

この部分、バイク王とレッドバロン査定すべき売却先はどっち?【バイク王の評判、査定額を徹底分析】でもお伝えしてますが、以下のイラストをご覧ください。

販売メインのレッドバロンに対し、買取店舗はスピード売却するため無駄な管理コストがかかりません。

結果、管理コストをおさえた分、微妙に最終的な査定額の上乗せが可能になるのです。

他にも販売店より買取店舗が最適な理由が…

また売却予定の車両を大手販売店に売却する場合、次から次へと幾つもの店舗まで自走して持込むことになります。

これでは肝心な愛車の走行距離も伸びる上に、手間や労力もけっこうかかる上に、1日かけても3店舗くらいが限度じゃないでしょうか?

かといって一店舗だけで持込査定したところで高額査定がゲットできるほどバイク売却は甘いものではありません。

結果、こちらの都合のよい時間に自宅まで無料で足を運んで査定してくれる買取店舗の方がはるかに気楽に愛車の査定を終えることが可能なのです。

まとめ

以上、今から愛車を売却しようと売却先選びを始めようと模索中のオーナさんにむけ

  • バイクを買った店に持ち込んで売却した方が高くなるパターン
  • 購入店舗じゃなく普通に買取店舗でいくつか査定した方が高くなるパターン

を具体的に理由までふくめてご紹介しました。

当ページを読んだ上で『それでもやっぱり愛車を購入した店舗に持ち込んでみよう!』

こう考えて購入店舗に持ち込んでみるのも普通にアリだと思います。今後の長いバイク人生を考えれば、多少の査定額なんか無視していつものスタッフに査定してもらうという手も悪くないです。

ただその場合も、業者オークション相場と大きくかけ離れた金額で買い取られてしまうのだけは避けたいもの。

それを予防する意味でも、念のため購入店舗に持込む前に軽く1~2つの買取店舗で内緒で査定を受けておきましょう。万が一、いつものショップでとんでもない査定額を提示された場合、交渉材料になるのでおすすめです。

ぜひ当ページを参考に愛車を最高額で買い取ってもらってください!

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする