【輸入車・外車・逆輸入のバイクを売る!!】BMWやドゥカティ、トライアンフの買取に強い店舗発見!!

車種別査定相場

当サイトでは原付・原付二種にはじまり、中型~大型バイクなど国産バイクを中心に高額売却のコツを解説してきました。そんな中、

『BMWやドカ、トライアンフなどの外車、または逆輸入車を乗り継いでる自分には、どんな売却先がオススメなのか教えて欲しいー!!』

こういったご要望を多くいただきましたため、今回管理人が独自に調査した結果をシェアしようと思います。

 

結論からいうと、次に買い替える車両が正規ディーラーで購入される人は別として、

  1. 単純に外車、または逆輸入車を高く手放したい
  2. 次も中古の外車・逆輸入車へ買い替える予定

このパターンでしたら、とりあえず買取専門店で査定してみるのがオススメ!!

以下で詳しくその理由や、買取専門店の中でも、どの店舗がいいのか説明していきます。外車、または逆輸入車を高価買取してもらいたい人は必見ですよ!!

輸入車・外車・逆輸入バイクこそ査定額に差がつく!!

昨今、新車販売台数の伸び悩むバイク業界において、バイク購入の中心といえる中古バイク市場!!

中でも輸入車・外車・逆輸入バイクは新車価格が高いこともあり、中古の輸入車・外車・逆輸入バイクに人気が集まり、中古市場では常にタマ数が不足しています。

そのため、大手買取専門店も中古販売店も年間を通して買取強化キャンペーンを実施するなど輸入車・外車・逆輸入バイク売却オーナーさんにとってここ数年は好都合な状況ではあります。

 

 

しかしながら!!!!

  1. そもそも新車販売価格そのものが国産より圧倒的に高額
  2. 輸入車・外車・逆輸入車の知識の乏しい店舗だと適正な評価ができない

などの理由により、国産車にくらべ店舗による査定額の差が生まれやすいのは間違いなく、売却先選びしだいで10万、20万…ときには30万以上も違ってくることも普通にあるのを覚えておきましょう。

とくに低年式のマイナーな輸入車だと、店舗はもちろん査定スタッフやメカニックしだいで査定額は上下するぞ!!

けっきょく輸入車・外国製バイクはどこに売るべき!? 売却先一覧

では査定額が大きく変動する『輸入車・外車・逆輸入バイクの売却』、一体どんな売却先を選べば高額に買取ってもらえるのでしょうか…!?

そこで輸入車・外車・逆輸入バイクの売却先として考えられる選択肢を整理したいと思います。大きな選択肢としては…

  1. ディーラー
  2. 中古販売店
  3. 買取専門店

以上の3つ。

本当は上記の3つ以外にヤフオク・メルカリ等の個人売買という線もありますが、悪質な落札者もいる上、落札金額もそこそこ高額になることが予想されるため今回は省きました。

原付・原付二種など小排気量のバイクと違い、金額的にも後々のトラブルやクレームになると大変なので当サイト的にはおすすめしません。※詳しく解説は以下の記事をどうぞ。

【ヤフオクでバイク売却!】出品方法やコツ、出品前に知っておきたいポイント
当ページでは中古バイクをヤフオク、ネットオークションに出品する手順や作業、その流れと査定額について。他の売却先とくらべておすすめの売却先かどうかを分析しています

ディーラー

愛車売却の理由として、新車の輸入車・外車・逆輸入バイクを購入するため…それも正規ディーラー経由でしか購入できない車両。

そんな場合、最有力候補な選択肢といえるのがこちら。つまりディーラーに下取りしてもらう方法ですね。

本来、単なる買取だと高額査定になりづらいディーラーですが、新車購入という条件であればガッツリと高めの金額で査定してくれるケースもあります。

高額な輸入車・外車・逆輸入バイクなればなるほど、値引き額の限界は決められていて、値引きできない分、下取り車両の査定額として上乗せするのは普通のことです。

とはいえディーラーでの査定交渉において、愛車の取引相場を知った人と知らない人ではスタッフの対応も違います。念のため持ち込む前に無料の出張査定で相場だけはリサーチしておいた方がいいでしょう。(※出張査定は買取の成立・不成立関係なく無料です)

▶▶今月の高額買取店舗ランキングをみる

中古バイク販売店

続きまして、

『次に購入するバイクが国産、輸入車とわず中古車両…』

こんな理由で愛車を買い替える人にとって有力な選択肢となってくるのがこちら。いわゆるレッドバロンのような中古バイク販売店舗に持ち込んで査定するパターンです。

たとえば最大手レッドバロンあたりだと

最近ではバイク王などの買取専門店に対抗するためか、こういった引き下げ無料のキャンペーンも行っていました。これなら愛車が故障やバッテリー上がり等の理由で動かない場合でも安心して依頼できますね!!

ちなみにレッドバロンが他の売却先よりも高く買取ることができる理由としては

このような業者オークション経由だけでなく自社の店舗で直売できるから、中間マージンが一切かからずそれだけ高額査定が実現できるとのことです。

 

またレッドバロンは自社でしっかり中古パーツを保管・オリジナルパーツを開発しているため、

レッドバロンなら、部品切れで修理できないことを理由に、査定額を下げることはありません。中間コストがかからないダイレクト買取で、古いオートバイでも自社整備・直接販売というメリットを最大限に活かし、高く買い取ることができるのです。

という部分も他の中古バイク販売店舗にくらべ大きなアドバンテージだといえます。

 

バイク乗りなら皆さんご存知ですが、レッドバロンは中古バイク販売店舗の中でも、他とくらべ数多くの輸入車・外車・逆輸入バイクを取扱っています。

結果、スタッフも外車・逆車の知識が豊富なため、地元の小さなバイクショップ等より安定した査定額は期待できるはずです。

 

ただし以下の記事でもお伝えしたように、

  • 『人気車種かどうか!?』
  • 『レッドバロンの客層に合ったジャンルのバイクか!?』

などの理由によって相場以下の査定額という可能性もあります。

念のため持込査定の前に、無料の出張査定またはオンライン査定などで愛車の相場くらいはリサーチのしておいた方がいいでしょう。

買取専門店

3つ目の選択肢がバイク王をはじめとした、買取に特化した中古バイクの買取専門店とよばれる売却先。

これは輸入車・外車・逆輸入バイクにかぎらず国産車にも当てはまりますが

このようにディーラーや中古販売店にくらべ実店舗を構えていないために、管理コストや人件費が不要…そのため査定額の上限が高めに設定できます。

あくまで上限が高いというワケで、誰でもかならず高額査定になるという保証はありませんが、当サイトで提案している高額査定のポイントを実践してもらえばディーラーや中古販売店より高額査定はじゅうぶんに可能。

ただひと昔前までは『国産はいいけど、輸入車・外車・逆輸入車だと買取専門店ってぶっちゃけ厳しいよね…』という部分もあったのも事実で、当サイト的にも以前はあまり強くオススメしていませんでした…。

 

 

しかーーし!!!!

2018年、改めて輸入車・外車・逆輸入バイクの買取相場をリサーチしたところ、その常識をくつがえす某買取店舗のキャンペーンを見つけてしまいました!!

高額査定必至!! 輸入車・外車・逆輸入バイク買取に強い店舗

もったいぶらずにお伝えすると、輸入車・外車・逆輸入バイクにおすすめしたい店舗…

それは…あの有名なバイク王!! ここでした。

大手バイク買取店舗とよばれるバイクランド、バイクワン、バイクボーイ、バイクブーン、バイクパッション……などなどこれらの店舗でも公式ページにはかならず『輸入車・外車・逆輸入バイクは高額査定いたします』文言があります。

ただバイク王は注意書きにとどまらず、なんと輸入車・外車・逆輸入バイクの専門サイトまで作成しておりました!!

バイク王の輸入車・外車・逆輸入バイク買取専門サイトの詳細

その専門サイトというのがこちら。

こんな具合にBMW、ドゥカティ、トライアンフを中心とした人気の高い輸入車・外車・逆輸入バイクの買取だけに特化した専用サイトです。

また以下のような文言も。

バイク王では、BMW,ドゥカティ,トライアンフオーナーから無料出張買取のご依頼、お問い合わせ件数が年間5,600台(2013年12月から2014年11月実績)を超えています。

国産のみならず輸入車の買取実績も圧倒的なスケール!!

また他店舗より高額査定できる根拠として

バイク王では、『バイク王ダイレクトSHOP』での買取直販ルートと『全国各地のバイク業者専門オークション』の2つの流通網を効果的に使い分ける独自のシステムを有しています。
お客様のBMW、ドゥカティ、トライアンフの特性に応じて、より高く評価されるルートを選別することで、「他社に負けない高価買取」を目指します。

といった文言もあります。具体的な店舗名は伏せていますが、きっと『正規ディーラーやレッドバロンよりは必ず高く査定したるで…』というメッセージですね!!

▼▼輸入車の買取強化中 バイク王!▼▼
バイク王公式サイト

バイク王のBMW、ドゥカティ、トライアンフの買取事例

以下、バイク王の輸入車専門サイトでみつけた過去の買取事例をまとめてみました。車両の状態により上下しますが、ざっくりとした査定額の参考にしてみてください。

BMWの買取例

車種走行距離買取金額
G650GSセルタオ約3,000km700,000円
F800GS約2,000km 882,000円
R1200GSアドベンチャー約4,000km1,400,000円
R1200RT約20,000km1,000,000円
K1200GT約20,000km790,000円
K1600GTL約7,000km2,100,000円
F800R約4,000km700,000円
R1200R約9,000km767,000円
K1300R約9,000km900,000円
S1000RR約1,000km1,260,000円
K1200S約10,000km750,000円
K1300S約200km1,300,000円

ドゥカティ(Ducati)の買取例

車種走行距離買取金額
Diavel約2,000km1,200,000円
Hypermotard 796約5,000km645,000円
Monster400ie約4,000km370,000円
Monster1100S約6,000km750,000円
S4RS約6,000km904,762円
Multistrada 1100S約6,000km520,000円
Streetfigter848約2,000km850,000円
848EVO約10,000km880,000円
1098S約5,000km1,070,000円
Suport1000 S約4,000km1,101,000円

トライアンフ(Triumph)の買取例

車種走行距離買取金額
Tiger800XC約3,000km650,000円
Bonneville T100約2,000km600,000円
Scrambler900約10,000km550,000円
Thruxton約2,000km690,000円
Speedmaster約300km560,000円
Thunderbird約20,000km200,000円
Thunderbird 1600約5,000kmm880,000円
ロケットⅢ約6,000km1,150,000円
Street Triple約2,000km600,000円
Speed Triple約10,000km400,000円
デイトナ675約5,000km778,000円

【まとめ】

以上、『輸入車・外車・逆輸入バイクの売却先として結局どこがオススメできるの…!?』という部分にフォーカスして管理人独自の視点で検証してみました。

 

ひと昔前までは、車両の売却のみだったら買取専門店もアリだけど、『買い替えだったらディーラーやレッドバロン当たりの下取りが無難だよなぁ』こうお考えの方がほとんどだったと思います。

事実、マイナーな輸入車・外車・逆輸入バイクとなると、買取専門店のスタッフによっては思いの外安く買い叩かれることも事実ありました。

 

しかしながら買取専門店の多くが輸入車の買取に本格的に参入した現在、国産車がそうであったように、今後は輸入車・外車・逆輸入バイクの多くは買取専門店に流れることが容易に想像できますよね。

いずれにせよ、輸入車・外車・逆輸入バイクは国産車にくらべ査定が難しい部分もあります。また店舗や当日の査定スタッフの知識により査定額にバラつきがでることが予想されます。

それを踏まえ、最終的にどこに売るにせよ無料の出張査定など複数店舗でしっかり査定額を比較して売却先を見極めてくさい!!

▼▼輸入車の買取強化中 バイク王!▼▼
バイク王公式サイト