【実録!!】バイク王の査定の流れを大公開!リアルに愛車を買取ってもらった体験談

「査定を申込む前にバイク王のクチコミを見たら不安になってきた…」

バイク買取業界で買取台数ダントツの1位といえば、皆さんご存知のバイク王。
大手で知名度は抜群な反面、ネット上には異様にネガティブなクチコミも多く、申込み直前になって不安になる躊躇される方も少なくありません。

そこで当ブログの人気企画「突撃取材シリーズ」、今回は・・・

 

「じっさいにバイク王の出張査定で愛車を買取してもらいましたっ!」

リアルにバイク王に出張査定を依頼し、

バイク王の買取はクチコミどおりなのか?
果たして査定額はいくらになったのか?

これらの疑問を解消しつつ、リアルなバイク王の出張査定の流れを写真つきで詳しくご紹介していこうと思います。バイク王をふくめ買取専門店で出張査定をご検討中の方は、ぜひ査定前の参考にしてみてくださいね。

全国のオーナーさんを代表してバイク王の出張査定を辛口評価するべし!
【最新版】今月のオススメ買取店
高額査定をゲットする最大のポイントは「排気量に合わせた店舗選び」。排気量別のおすすめ買取店が気になる人は以下のページをチェック!!

【目的と店舗探し】バイク王の出張査定までの道のり

愛車を少しでも高く買取ってもらうための当ブログ。これまで様々な角度から各買取店舗・販売店を分析・評価してきたものの、管理人はかねてから

「リアルにバイク買取店舗で出張査定を依頼し、査定~買取までの体験談をお届けしたい!!」

こう考えていました。

というのもネット上には多くのバイク関連サイトがあるものの、リアルに愛車を買取される現場を取材しているサイトは非常に少なく愛車を売却される方にとって「出張査定ってどんな流れで進められるのかな?」という部分は凄く気になりますよね。

というわけで、全国の売却オーナー様を代表して今回の無謀な企画を実行することにしました。

しかし出張査定中に撮影や質疑応答が許される買取店などあるのか!?

しかしながら、そこで大きな壁となったのが・・・そう、買取店舗選びでした。

そもそもバイク買取店舗の多くは査定内容や査定額など社外秘としている会社も多く、基本的に査定員さんを取材したり査定風景をブログ等にアップすることなどは許されることではありません。

そこで主要バイク買取店舗へ片っ端からアプローチしてみたところ、まさかの1店舗だけ「査定中の取材OK」というお返事を頂きました。

そう・・・査定中に取材OKという寛大な店舗は「バイク王」ですっ!!

【まさかのOK!!】神対応すぎたバイク王との取材交渉

ちなみにバイク王さんに取材交渉した際の流れは、こんな感じに進みました。※今回の撮影は事前に担当者の方に相談した上で日程調整して行われています。

バイク王
バイク王

この度はバイク王の無料お試し出張査定をご利用いただきありがとうございます!

あ、あの~バイクを買取ってもらう際、ついでに査定の流れを撮影するなんてことは可能でしょうか・・・?(超弱気)

バイク王
バイク王

つまり査定中に撮影や簡単な質問をされるということですね?
査定員も予定が詰まっているため長時間は無理だと思いますが、当日、査定員がOKという範囲内であれば構いませんよ♪

で、ですね・・・その内容をブログに掲載するのですが・・・さすがにそれは厳しいですよね!?(諦め)

バイク王
バイク王

いえいえ、ぜんぜん構いませんよ! 弊社としても皆さまに出張査定の流れを知っておいてもらった方が安心ですから♪(より爽やか)

 

な、なんと超~好感触ではないですか!?!?

 

ということで、今年だけで2台の愛車を売却し、今現在、手放すバイクの無い管理人にかわって知人「F氏」の愛車を売却してもらうことにしました。

▶▶バイク王の特設ページ

今回の企画で売却した車両と買取相場のご紹介

というわけでさっそく今回の登場人物と売却車両をご紹介します。
今回は管理人の知人であり愛車買取団、さいたま支部長「F氏」にご協力いただき、売却した車両はこちらの「ヤマハのトリシティ」です。

 

売却を控え、「「いや~もう少し乗り続けてもいいんだよなぁ」とトリシティとの別れ惜しそうなセリフも飛び出しましたが、売却してもらわないと企画自体がボツになるため、心を鬼にして出張査定に挑戦してもらいました。

バイク王でのヤマハのトリシティの買取相場は?

ちなみにヤマハのトリシティの買取相場を事前に調べてみたところ、程度によって6万円~13万あたりで買取相場の中心。年式や走行距離、保管状態によっては13万オーバーもじゅうぶんに狙える車両です。

 

しかし!!

今回のトリシティの状態はというと・・・

走行距離:約20,000キロ超え
左側面:転倒による外装の割れ・削れ多数あり
エンジン:とりあえずかかるが絶好調ではない

と正直なところ高額査定は厳しいと思える状況・・・。走行距離と転倒歴を考えると、どんなに頑張っても6~7万が限界という気もしますが、できれば強気に8万以上は狙いたいところです。

果たしてトリシティがいくらで査定されるのか? さっそく出張査定の流れをみていきたいと思います!

【査定開始!!】バイク王の出張査定の流れと査定風景

F氏とトリシティを囲み最後の一時を過ごしていたところ、予定時刻よりちょっぴり早めにバイク王の査定スタッフさんが到着しました。

事前に取材OKは確認済みではありますが、仮に強面でヤンキー風な査定員さんなど来てしまった場合・・・

 

「と、とても取材や撮影できる雰囲気ではない!!」

 

と今回の企画そのものがボツになります。できれば優しい査定員さんだったらいいなと考えていたところ、到着した査定員の方は予想以上に若くて爽やか、かつ物腰やわらかい方でホッとしました。(※査定員さんにお聞きしたところ、バイク王の出張査定スタッフは皆さんこういった雰囲気の方だそうです)

というわけで以下、じっさいの出張査定を9つのパートにわけて詳しく実況していきます。

【出張査定の流れ①】査定前に注意事項を一緒に確認

簡単な挨拶をすませ早速バイクチェックとおもいきや、バイク王の場合、いくら時間の無い状況でも到着後にかならず査定に関する重要な説明があるそうです。

 

主な内容としては

もしも盗難車両という場合、警察に報告させていただきます
 法律的に出張査定では強引な勧誘などはありえません
査定全体の時間としては長くても1時間(まれに1.5時間)程度です

などなどオーナー様もバイク王もお互いに安心して査定が進められるよう、きっちり説明を行い、念のために査定前に確認のサインもします。

査定前に予め気になる部分を解消するバイク王の査定スタイルは、初めての出張査定の人でも安心だぞ

【出張査定の流れ②】車体番号・エンジン番号・全体の写真を撮影

本格的なバイクチェックの前に、まずは売却する理由や過去の転倒歴や事故歴、新しいバイクに乗り換えなのか・・・などの雑談をしながら、本部に送る車体番号やエンジン番号、外観の写真を撮影します。

車体番号やエンジン番号、前後左右からと最低でも最低6枚の写真を撮影し、店舗に送るそうです。もちろん車体番号やエンジン番号が削られていたり加工されている場合、状況によっては買取不可という可能性もあるのでご注意ください。
(※今回、担当されたバイク王斉藤さんの場合、ガラケーで車両の状態を撮影しつつiPadと2台持ちでした)

【出張査定の流れ③】外装まわりのチェック

一通り、必要な写真を撮影すると本格的なバイクチェックが始まります。前後、左右、シートやメーター周辺など、破損部がないのか? 劣化状態はどうか?などプロ目線でこまかく確認。

今回のようなスクーター・タイプの場合、外装部品の割合が高いためカウルの破損や地味に「色褪せして白っぽくなっていないか?」なども重要とのことです。

POINT
転倒歴や事故歴などある場合、先に破損箇所やダメージ状況を申告。カスタムパーツに交換されている場合は、先にカスタム箇所や純正部品の有無も申告しておくと査定もスムーズに進行します。
とはいえ普通に乗っていれば生じるであろう小さな傷などは気にせんで大丈夫だぞ!

▶▶バイク王の特設ページ

【出張査定の流れ④】サス・フォーク等足回りのチェック

カウルやフェンダー、シート等外装まわりのチェックを終えると今度は足回り確認。

中でもフロントフォークの曲がりや歪み、ダストシールの状態は確実にチェックする部分で、ダメージ次第ではけっこう査定額に響く部分。

目視だけでなく、フォークを沈めて違和感がないか?リアサスから異音がしないか?などさまざまな角度から確認します。結果・・・

「うーーん、良い状態とはいえませんが、ギリギリOKレベルです♪」

とのことでした。(冷や汗)

POINT
転倒や事故でも足回りに影響が出ますが、見落としがちなのが保管状態。たとえばハンドルを一方にきった状態で長期間の保管し続けると片側だけ負担がかかり劣化が進むので注意!
フォークの歪みや曲がり、オイル滲みが発覚すれば確実に減額なので要注意!!

▶▶バイク王の特設ページ

【出張査定の流れ⑤】消耗部品のチェック

査定額に大きく影響する部分ではありませんが、タイヤの状態やブレーキパッド等も簡単にチェックします。ちなみにトリシティは先日タイヤ交換したばかりのため、プラス評価をいただきました。

基本、バイク王で買取後に必要に応じて部品交換するため、もし安全面に影響が出ないのであれば敢えて消耗品は交換せずに査定に持ち込んで頂いた方が結果としてお得になるそうです。

POINT
査定員さんが消耗品をチェックするのは劣化や摩耗などをみるだけでなく「この車両がどのくらいの期間、乗られていなかったのか?」を確認するため。消耗品や錆・腐食などをみれば半年間、1年間など保管期間もわかるそうです。

【出張査定の流れ⑥】エンジンの状態をチェック

今回、査定対象がトリシティ(スクータータイプ)ということでエンジン周りの目視はあっさりと終え、じっさいに始動させてエンジンの状態を確認します。

基本、「不動状態」や「カギの無い車両」をのぞきエンジンを始動させてみます。

一発始動か?
吹け上がりはどうか?
アイドリング状態は安定しているか?

などなど暫くエンジン音を聞いていれば大体のエンジンの状態はわかるそうです。転倒歴はあるもののエンジンの状態だけは自身のあったトリシティ、まったく問題なしと太鼓判を押してもらいました♪

POINT
バイク王の場合、もっとも遅い時間の出張査定は20時頃。エンジン音が気になる場所にお住まいの方は、早い時間帯に査定するか、エンジン始動させても気にならない場所に移動して査定を受けることをおすすめします。
印象アップのためにも、できれば査定前に一発始動できるかどうかをチェックしておくべし!

▶▶バイク王の特設ページ

【番外編】転倒歴や事故歴は査定員がみれば一目瞭然

順調に進んだ今回の企画、いよいよ査定も終盤というところで・・・

 

「あれ!? これって購入したときからあった傷ですか!?」

と左タンデム用フットレスト脇の傷についての指摘。じつはF氏がトリシティに乗り換え直後、発進時にバランスを崩して低速とはいえコケたときの傷でした。一般人からみると単なるカウルの割れですが・・・

「あー、これは立ちごけではなく走行中の転倒傷ですね!」

と転倒の理由もあっさりと見破られてしまいました。傷の状態や他の部位の傷とのバランス等で、査定歴が長い方となれば傷をみるだけで大体の状況はイメージできるそうです。

つまり・・・

 

「ほぼ100%、事故歴や転倒歴は発覚する!!」

ということ。

なのでもし転倒や事故の心当たりのある方は、変に突っ込まれて嫌~な雰囲気になる前に先に申告してしまいましょう。こちらが考えるよりも査定額に影響しなかったりするのでご安心ください。

じっさいトリシティの転倒歴も査定額には大した影響なかったのだ!

【出張査定の流れ⑦】最終的な査定額が決定

バイクの状態をすべて確認後、査定員さんはiPadで何やら情報を入力し、店長さんと電話でやりとりし、最終的な査定額が決定します。

ちなみにF氏のトリシティ、管理人的には7~8万が限界だと予想していたものの、提示された査定額はなんと・・・

 

「8万円!!」

先ほどご紹介しましたF氏のトリシティの状態を考えると、正直6万以下という可能性も大いにあり、8万円は予想以上の査定額です。最悪5万くらいを想定していたF氏も納得の数字でした。

▶▶バイク王の特設ページ

【出張査定の流れ⑧】買取契約書にサイン

ということで査定額に納得できたF氏は買取契約書に署名捺印します。

その際、免許証(または保険証など身元確認できるもの)がかならず必要となります。大部分は査定員さんが記載してくれますので、オーナーさんは簡単な個人情報のみ。ものの1分で終わりました。

【出張査定の流れ⑨】トラックに積込み

買取手続きのすべてが終了すると早速トラックに積込が開始されます。

1日に3~4件の出張査定を連続でまわることも多く、次の出張査定が控えている査定員の方はテキパキとトリシティをトラックに積込み、次の査定場所へむかいます。

今回、前2輪のトリシティの積込にやや手こずりましたが、無事に積み込み完了して去って行きました。いやぁやっぱりプロの査定員さんはバイクの取り回しが上手です!

到着から雑談を交わしながらバイクチェック、査定額の決定まで約25分!

査定終了後のスタッフから売却予定の方へアドバイス

というわけで今回の出張査定を担当していただいたバイクライフ・アドバイザーの斉藤さんから、これから愛車を売却されるーナー様にアドバイスを頂きましたのでご覧ください。

売却される方へのアドバイス
「出張査定=売却」とお考えの方もいますが、バイク王の無料お試し査定は「査定額に納得してもらえた場合のみ」買取させていただきます。
なので「査定額によってはどうしよっかなぁ」とお考えの方も、試しに査定だけでもご利用してもらえたら幸いです。
現時点での愛車の価値を知っておけばお乗換えの際も次の愛車選びの参考になりますからね。また屋外保管の長い車両、ホコリの溜まった車両は事前に簡単に水洗いだけでも行っておけば印象は上がりますね。
綺麗な状態だと各所の査定もスムーズに進み査定時間も短縮できます。とはいえ新車に近い状態の車両は洗車で磨き傷がつくこもあるので注意です。また素人のタッチアップ補修などは逆に査定が下がる恐れもあるため基本そのままお見せください。

次の査定予約がつまっているにもかかわらず、当ブログの用意した質問にすべて的確に対応していただき本当にありがとうございました! 次に売却する際もヨロシクお願いします!!

▶▶バイク王の特設ページ

【まとめ】バイク王の出張査定は丁寧かつ安心できた

以上、今回は愛車売却を控え「出張査定ってどんな流れで進められるの?」という方を対象に、バイク王さんご協力のもと査定風景を9つのステップにわけて解説しました。

今回のバイク王の出張査定をとおして

バイク王の査定員の方は予想以上に丁寧かつ親切(+爽やか)
査定前に説明もある上、無理に買取る感じはゼロだった
期待していなかったが査定額は予想以上で満足だった

以上の事実が判明しました。

また今回は買取業界最大手のバイク王ということもあり、こちらが不安を感じないための配慮をいろいろ工夫されているなと感じました。

今回の査定に足を運んでいただいた斉藤さんも

「最大手のバイク王だと些細なトラブルでも大きな問題になるため、どの部分よりもお客様対応には気をつかいます」

とおっしゃられていましたが、本当に最初から最後まで丁寧かつ安心できる査定員の方でした。
ということで今回の取材は以上です。ぜひ愛車を手放す際はバイク王の無料出張査定もご検討ください!

【2019年版】250cc~大型限定 査定額の高い店舗ランキング

それではお待ちかね。 250cc~大型バイクの中古相場や業者オークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに、査定が高くなりやすいオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
どんな車両でも断らないのが強み!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額な反面、中型~大型バイクの査定なら最高額の可能性、大。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大だブー!

▶▶バイク王の特設ページ

2位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗…」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったブー!

▶▶バイクワン公式サイト

3位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗だブー!

▶▶バイクランド公式サイト

4位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をみるんだブー!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・スクーター・原付二種に強い店舗ランキング

原付・原付二種オーナーの皆さま、大変お待たせしました。原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介いたします!

1位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗…」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!原付・原付二種~250ccはバイクワンの査定額ヤバいんだブー!

▶▶バイクワン公式サイト

2位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なんだブー!

▶▶バイクランド公式サイト

3位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいから当たりの査定員さんなら高額だブー

▶▶バイクボーイの詳細

3位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは…!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても有効だブー!

▶▶バイク王の特設ページ


※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

体当たり企画
バイクを売るなら高く!! 騙されるな!店舗選びと査定の罠
タイトルとURLをコピーしました